自分磨きの第一歩

グラビア雑誌を目にして

先日コンビニで、とあるグラビア雑誌を目にしました。 同じ女性から見ても、本当にうっとりするぐらいの、しっとりとした白い肌。 露出の多いきわどい水着もサラッと着こなしてしまう。 肌に自信がないと、水着姿でカメラの前でポージングなんてできないですよね。 やはりそこで気になるのは、ムダ毛の処理方法。 自分でカミソリで剃ると毛質が太くなるって聞いたことがあります。 ふと、彼女達のようにムダ毛を気にせず可愛い水着を着たいと感じたのです。

脱毛サロンをインターネットで検索

そこで私は、脱毛サロンをインターネットで検索することにしました。 現在の脱毛サロンで使用されている機械は、レーザーのようなハードなものではなく、肌に負担のない光をあてるものが主流だそうです。 そんな中、群を抜いて私の関心をそそったのは『ハイジニーナコース』のメニューでした。 要するにデリケートゾーンの脱毛です。 ふと私の頭の中に、水着姿で輝く雑誌のグラビアアイドル達が浮かびました。 さっそく脱毛サロンにアクセスし、予約しました。

ドキドキの脱毛サロンデビュー

当日は、冬なのに変な汗をかくほど緊張していました。 脱毛コースの案内や料金説明を受け、いざ脱毛開始です。 部屋に案内され、専用のガウンに着替えます。 下着は紙パンツのみ着用。 キレイになると強く心に決めて来たはずなのに、ほぼ裸の自分の姿に、恥ずかしさでKO寸前でした。 ベッドにうつ伏せになって待機していると、まもなくスタッフさんが入室。 デリケートゾーンという、部位が部位なだけに緊張もMAXです。 しかしそこはさすがプロの方。 恥ずかしがってバタバタしている私をよそに、丁寧なシェーピングか始まりました。 シェーピングが終わると冷たいジェルが乗せられ、光をあてられます。 一瞬感じる、ほどよい熱さが心地よく、段々とリラックスモードに。 さっきまでのドキドキがほぐされていきます。

1時間30分ほどで脱毛終了

その頃の私といえば、もうメロメロ。 骨抜き状態。 すでに脱毛サロンの虜といったところです。 なんといっても脱毛後のお肌のしっとりさ、本当に感動ものでした。 少し勇気を出して行動すれば、新しい自分に出会えるのだなと実感することができました。